Kaara's Eye

2017年 02月 26日 ( 7 )

* さざんか

f0330764_18340909.jpg





先回り

先回りしないとね


辛くなっちゃうから・・・


[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 01:52 | Comments(6)

* うさぎの「耳」

f0330764_07243987.jpg



うさぎが失くした左の耳

心の裂け目に落ちていた



原っぱ走る

平らな風

右から左



行き違う

懐かしい声

また交わりだす



色が見える

露が落ちる



柔らかに反射する

さっき来た道



目の前で

咲き乱れる花の名前を

ひとつひとつ

思い出す



「また、はじまるよ!」



透き通る夕日が

キラキラしながら

そう言った



たとえまぼろしだったとしても

軽やかに

跳んで帰ろう



跳ねて、跳ねて




たち止まって

そっと両手で触れてみる

ちゃんと「耳」はふたつある



池のほとりで

大きな影に包み込まれる

自分の姿が映りこむ



新しい暮らしが

ひっそりと始まる



跳ねて帰ろう

軽やかに


跳ねて、跳ねて・・・







[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 01:38 | | Comments(0)

* 冬のひなた

f0330764_01190329.jpg





冬のひなたに居て

心溶かす



硬くて重い背中が

温まって緩み始める



今ならきっと

あなたに

話せるかもしれない



思いついたら

出かけよう



春は

まだまだ先だけれど



遠くに感じた稜線が

わたしの視界の中で

青い空に浮かび上がった






[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 01:09 | | Comments(0)

* 置き去り

f0330764_18335206.jpg




言いそびれた言葉が


行き先を失って


固い頭の骨の中で


リフレイン






[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 00:38 | ひとりごと | Comments(2)

* TAMASHII

f0330764_18343166.jpg





その大きくて広い掌で


軽々と持ち上げられてしまう


たったひとつの


わたしの魂






[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 00:35 | 風景 | Comments(0)

* これからもずっと

f0330764_18294797.jpg




3度目の冬がきても


30回目の冬が来ても


変わらない想いが


ここにあるのだから


[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 00:27 | ひとりごと | Comments(0)

* 戻らない時

f0330764_18342104.jpg




期限切れの約束










[PR]
by kaara17 | 2017-02-26 00:23 | ひとりごと | Comments(0)