Kaara's Eye

* sakuranbo no ki

f0330764_14323292.jpg



時に妖艶に、

時に切なく、

時に可愛らしく、初々しく、

時に気高く、凛として

被写体への深い愛情や

透き通った優しさも

感じさせてもらえる

そんな素敵な写真の数々を

楽しませて頂いています。



きっと

色とりどりの薔薇が

華やかに

甘い香りを漂わす頃

沢山の桜色のスーベニールを手に

ただいまって……。


…待っています…😊


**********

わたしは

2019年春、

まずはさくらんぼの木の花から。



今年はどれだけ撮れるかな。

どんな思い出ができるかな……🌸



f0330764_14323346.jpg


# by kaara17 | 2019-03-21 14:32 | | Comments(0)

#夕暮れ

f0330764_10452369.jpg



時間は何を教えてくれるのだろう…?



f0330764_10480350.jpg



未だ気づけていないのだ、

わたし。





# by kaara17 | 2019-03-13 10:45 | 夕景 | Comments(0)

* そしてまた花咲く春がきた

f0330764_10333391.jpg



喜び

悲しみ…

様々な感情が

幾重にも重なって

地層となっていく



どんなところに

自分は立っているのかを

ただの土や石の上ではないことを

忘れないように

そのことを

いつも心のどこかに…






# by kaara17 | 2019-03-13 10:32 | | Comments(0)

* 返事

f0330764_14550430.jpg



あまりに物分かりの良い返事は

寂しい音だけ残して消えた


一瞬にして

冷たい風が

体温を奪っていくように…




# by kaara17 | 2019-03-12 14:54 | | Comments(0)

* ごまかし

f0330764_14260804.jpg



今日いくつ嘘をついた…?

周りにも

自分自身にも


それは

今を保つための

嘘だったの……?



# by kaara17 | 2019-03-12 14:25 | | Comments(0)

* 海辺の風景

f0330764_14055665.jpg



時を繕うことはしなくていいから

何か話してよ


硬く閉じた唇に

隠された言葉

そのまま

解き放してあげてね



シャッター音で

淋しさを喚び醒まさぬように

捉えた背中が

少しだけ小さくなる



触れないでいることも

優しさだと

気づかせてくれた



深まる夕闇に

溶け込むように見えなくなっていくのは

紛れもなく

わたしの輪郭だった







# by kaara17 | 2019-03-12 14:05 | 海の見える風景 | Comments(0)