Kaara's Eye

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

* 選択肢

f0330764_00510636.jpg






迷っては探す

不安を無くしたくて探す

選択肢は増えても

行き止まりのない道を選び出せずに

またそこで

途方にくれる





[PR]
by kaara17 | 2015-08-19 09:58 | ひとりごと | Comments(2)

* 空を集めて

f0330764_07575167.jpg





この夏の

夕空の写真を集めてみた。




f0330764_23325924.jpg




そのときそのときの

心模様を

もう一度辿り直したくて。



f0330764_07581500.jpg



二度と

出会えない空


その欠片だけでも

大切に残しておきたい



f0330764_00515422.jpg




夕空のポートレート



f0330764_23325047.jpg




燃えるような空も

やがては

冷ややかな色に表情を変えていく




f0330764_00513739.jpg





忘れてしまいたいことみんな


地平線の向こうに


持って行ってくれたのなら・・・




f0330764_00514270.jpg




今年の夏もそろそろ

帰り支度。












[PR]
by kaara17 | 2015-08-19 09:48 | | Comments(2)

* 痛み

f0330764_07575854.jpg






どんな答えが返ってくるのか

わかっているのに

どうしてもまた

繰り返してしまう問いに


やはり答えは

予想を外すことなく返ってきて

古傷をつつくような痛みを伴うのだった。



[PR]
by kaara17 | 2015-08-19 09:31 | ひとりごと | Comments(0)

* 西陽

f0330764_00513368.jpg






お店のドアを開けて

外に出ると

西に傾いた日差しが

お店の前庭の木々を照らしていた。




こんなにゆっくり話をしたのは

いつ以来だろうね。




帰る時間を気にしないで

話に夢中になっていたころが

懐かしいね。




あのころ感じた

ずっと友だちでいられるんだろうという感覚は

これからもきっと揺らぐことはないね。



ありがとう。

またね・・・





[PR]
by kaara17 | 2015-08-19 09:24 | | Comments(0)

* 繋がり

f0330764_00511601.jpg







目に見えないところで


いつも繋がっている


細いけれど

強く

しっかりと・・・













[PR]
by kaara17 | 2015-08-19 01:03 | つぶやき | Comments(0)

* 朝もや

f0330764_23324671.jpg






まだ何ものにも

侵されていない一日が

静かに

始まろうとしていた






[PR]
by kaara17 | 2015-08-18 22:42 | | Comments(2)

* 扉

f0330764_07573760.jpg





今度こそ

今度こそ

そう思いながら

いくつもの扉を開けてきたけれど





今度こそ

扉の向こうに

新しい世界が・・・・・











[PR]
by kaara17 | 2015-08-18 21:45 | ひとりごと | Comments(0)

* 答え

f0330764_23323913.jpg






「考えても、考えても、答えがでないの」

とわたしが言うと



「もともと、答えはないのかもしれないね」

と友は言った。


「心はひとつではないからね・・・」




彼女の言葉はいつも

焦げ付きそうになるわたしの気持ちを

クールダウンさせてくれるのだった。










[PR]
by kaara17 | 2015-08-16 01:02 | 雑貨 | Comments(0)

* 帰り道

f0330764_07580226.jpg






帰り道


きょうの日は

どこに帰って行くのだろう?







[PR]
by kaara17 | 2015-08-15 02:26 | | Comments(0)

* 夢なのかホントなのか

f0330764_01250339.jpg




今度こそ

ホントかなと思ったことは

やっぱり

夢の中のお話だったの




イヤ、イヤ

きっとこれは夢だよねって

そう信じたかったことは

朝、目が覚めても

わたしの胸に重くのしかかっていた




一本の線にすぎない

夢と現実の境目

・・・かもしれない







[PR]
by kaara17 | 2015-08-15 00:01 | ひとりごと | Comments(3)