Kaara's Eye

* 笑顔 *

f0330764_16403971.jpg




愛想笑いするのなら


視界の中から消えるまで


ずっと笑顔でいて欲しかった




f0330764_16450705.jpg






[PR]
# by kaara17 | 2017-10-22 16:46 | | Comments(0)

*紫陽花の写真 *

f0330764_16103580.jpg





「青い紫陽花の写真をください・・・」



まるで

宝物のありかを知る

一枚の地図のようで


その不思議な美しさに

いつか

たどり着くために・・・











[PR]
# by kaara17 | 2017-10-22 16:24 | | Comments(0)

* ある日の帰り道

f0330764_13350902.jpg





帰り道

まっすぐ

うちに帰らなかったのは


空が赤く焼けていたせい・・・?





f0330764_13303424.jpg




空のせいにして・・・




f0330764_13345209.jpg



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・




“ ただいま ”









[PR]
# by kaara17 | 2017-09-27 13:40 | | Comments(2)

* a trip

f0330764_23120637.jpg




忘れられない旅の思い出

同じ景色を見ているはずなのに


頭の中で

重ならない



季節は

そんなに遠くなってしまったの・・・?






[PR]
# by kaara17 | 2017-07-04 20:19 | ひとりごと | Comments(0)

* さざんか

f0330764_18340909.jpg





先回り

先回りしないとね


辛くなっちゃうから・・・


[PR]
# by kaara17 | 2017-02-26 01:52 | Comments(6)

* うさぎの「耳」

f0330764_07243987.jpg



うさぎが失くした左の耳

心の裂け目に落ちていた



原っぱ走る

平らな風

右から左



行き違う

懐かしい声

また交わりだす



色が見える

露が落ちる



柔らかに反射する

さっき来た道



目の前で

咲き乱れる花の名前を

ひとつひとつ

思い出す



「また、はじまるよ!」



透き通る夕日が

キラキラしながら

そう言った



たとえまぼろしだったとしても

軽やかに

跳んで帰ろう



跳ねて、跳ねて




たち止まって

そっと両手で触れてみる

ちゃんと「耳」はふたつある



池のほとりで

大きな影に包み込まれる

自分の姿が映りこむ



新しい暮らしが

ひっそりと始まる



跳ねて帰ろう

軽やかに


跳ねて、跳ねて・・・







[PR]
# by kaara17 | 2017-02-26 01:38 | | Comments(0)